ニゾラールはどんな薬?

ニゾラールは真菌の増殖を抑える薬です。病院で処方される薬ですので、効果はもちろんあります。ただし、使用するにあたって、副作用等の注意しなければいけない事項もありますので、ご購入をお考えの方はこのサイトを見て参考になさってください。

ニゾラールはどんな薬?

ニゾラールにステロイドは使用されているのか

ニゾラールを買うなら通販
脂漏性皮膚炎は、額や鼻の周りの脂が溜まりやすい部位や脇の下などに出来るカサカサした慢性の湿疹で、頭にフケが多く出たりもします。主に脂っぽい体質の人が罹患するケースが多く、皮膚に寄生するカビが皮膚に溜まった脂を分解して起きるといわれています。
悪化原因はストレスや暴飲暴食、不規則な生活環境などで生じますので、なるべく生活環境を整えることが必要となってきます。脂っぽい食べ物やピーナッツ、過度のアルコールは皮脂を増やすことに繋がりますので、和食を中心にして野菜も摂取も心掛けましょう。髪の毛や顔を洗う時も、ゴシゴシと角質を取るように洗うとその刺激でさらに悪化することも繋がるので注意してください。
症状に応じて薬物による治療も行い、外用ステロイド剤とニゾラールという薬が良く用いられます。ニゾラールは抗真菌剤で脂漏性皮膚炎の他にも水虫やカンジダにも使われるローション剤です。
使い方は脂漏性皮膚炎に使う場合には1日2回適量を患部に塗り、症状が強い時はステロイドとニゾラールを混ぜて塗ることもあります。ニゾラールの成分にステロイドが入っていると勘違いされることもありますが、ニゾラール自体にステロイドは含まれていません。またステロイドと聞いただけで過度な副作用を連想する人もいますが、外用ステロイド剤は内服薬のステロイドとは異なり、含まれているステロイドの成分も弱いので、1か月くらい顔に使ってもすぐに副作用が起きることは非常に稀です。症状が強い時にはステロイドを使用し、落ち着いたらニゾラールに切り替えるなどの使い分けが大事です。
脂漏性皮膚炎は治療に時間がかかることが多いですが、生活の改善も含めて焦らず気長に治療していきましょう。

ニゾラールの有効成分

ニゾラールの主成分はケトコナゾールといい、真菌(カビ)を殺菌する塗り薬です。一般に、足に発生した足白癬は水虫のことで、この治療に用いられます。膚に寄生する真菌は、その他カンジダや癜風菌があり、カンジダ、皮膚の抵抗力が落ちているときに発症しやすく、癜風菌は、厚恩、多湿のときに発症しやすいです。ニゾラールは、真菌に殺菌てきに働くので、白癬菌、カンジダ、癜風菌どれにでも、しっかりと治療をすると完治させることができます。ニゾラールのもうひとつの働きは、脂漏性皮膚炎に効果があることです。
脂漏性皮膚炎の詳しい原因は、わかっていませんが、原因のひとつとして真菌の関与が、推測されています。真菌の細胞は、人の細胞と違ってエルゴステロールという物質を主成分とする植物性細胞膜を持っていることです。
ニゾラールは、このエルゴステロールが、真菌の細胞内で作られるのを阻害し、真菌の発育を抑制または阻止しますので、殺菌的に抗真菌作用を発揮します。ニゾラールは外用薬として2%クリーム、2%ローション、2%スプレーが発売されています。
一般的には、どんな症状にも効果のあるクリームが処方され、特に湿潤している場合は、クリームが無難ですが、皮膚が厚く角質化している場合は、液剤のほうが浸透力があり、効果が高いです。
ニゾラールを使用する場合、決められた期間と決められた回数を守ることが大切です。決められた使用回数を守らず、使いすぎると、皮膚が荒れたりかぶれを起こします。
ニゾラールの使用のポイントは広めにぬること、根気よく続けることです。幹部をよく荒い、乾燥に務めることも大切です。靴下、バスマット、トイレのスリッパなども感染源になりやすいので、こまめに洗うようにしましょう。

ニゾラールの使用期間

ニゾラールとは、水虫の症状に悩まされている患者に処方される医薬品です。水虫とは、カビの一種である白癬菌が、皮膚の角質層に寄生することで発症する皮膚疾患です。かつて水虫は、男性に多い病気というイメージでしたが、近年は女性にも多く見られることが分かっています。その原因は、外で働く女性が増加したことと言われています。外で働くことで、長時間同じ靴を履いた状態が継続されます。そうなると、靴の中は蒸れた状態になり、白癬菌が活発に活動できる環境を作ってしまうのです。さらに、女性の多くがストッキングを着用します。ストッキングは靴下に比べ、汗を吸収する能力に弱く、水虫が発生するには最適な環境になっていると考えられるのです。
このように、男女ともに増加している水虫患者ですが、水虫の主な症状について説明します。主に水虫が発生するのが足と言われ、足の指にできるものは、赤くジュクジュクとした状態の皮膚に変化し、皮がむけたり、白く変色しブヨブヨとした感触になることがあります。また、足の裏やかかとなどにできる水虫は、カサカサと乾燥した状態になり、角質が厚くなっていきます。その後、皮がむけ、ひび割れを伴うという特徴をもっています。さらに、足の土踏まず辺りにできる水虫もあり、強い痒みを伴うのが大きな特徴だとされています。
以上のように、強い痒みや皮膚の異常が起こる水虫は、正しく治療を行うことで完治させることができます。その治療に欠かせないのが、ニゾラールです。ニゾラールには、軟膏タイプやクリームタイプ、液剤まであり、症状や水虫が発症している部位、使い勝手などと照らし合わせて使い分けることができます。通常、ニゾラールの使用期間は2週間から3週間とされますが、改善が見られない場合には、医師に相談することが肝心です。
■通販で簡単治療
フロリードDクリームで水虫撃退
■水虫でお悩みの方必見!
ケトコナゾールの使用方法