ニゾラールは真菌の増殖を抑える薬です。病院で処方される薬ですので、効果はもちろんあります。ただし、使用するにあたって、副作用等の注意しなければいけない事項もありますので、ご購入をお考えの方はこのサイトを見て参考になさってください。

ニゾラールはどんな薬?

ニゾラールの効果と完治するまで

 ニゾラールは真菌を殺菌する抗真菌薬です。ケトコナゾールを主成分としたイミダゾール系の薬で、イミダゾール系とは数種類の真菌に効果のある薬です。ケトコナゾールは真菌の細胞の主成分であるエルゴステロールという物質の合成を阻害することで、エルゴステロールの生成を抑制、阻止することで殺菌することができます。
 効果のある真菌は、水虫の原因である白癬菌、カンジダ症の原因であるカンジダ、アスペルギルス症の原因であるアスペルギルス、そして脂漏性皮膚炎の原因となる癜風菌です。このような菌を殺菌する効果がニゾラールにあります。殺菌作用が高いので、しっかりと治療を続けていけば完治させることができます。しかし、途中で使用をやめてしまったり、使用法が違えば完治しないので注意が必要です。
 ニゾラールには軟膏タイプやクリームタイプ、そして液剤タイプがあります。広く使われているのは軟膏タイプですが、皮膚が厚くなっているところは液体タイプが使われています。
 ニゾラールを使用して完治するまでは症状やその人の体質によってさまざまです。足の裏や角質が厚くなっているところなどは半年から1年以上完治するまでにかかってしまいますので、根気よく続けていくことが大切です。
 ニゾラールは強い殺菌効果があり、症状によく聞きますが副作用もあるので気を付けなければなりません。副作用はヒリヒリとしたり熱感などの刺激感、発赤、紅斑、かゆみ、かぶれなどの接触性皮膚炎などがあります。この症状が出た場合はすぐに水で洗い流して、医師に診てもらいましょう。
 注意点としては目に入らないように気を付けること、患部に塗る際は患部を清潔にしてから薬剤をしっかりと皮膚に塗りこむようにすることです。また、患部の周りの症状が出ていないところにも真菌がいる可能性があるので広範囲に薬を塗る必要があります。