ニゾラールは真菌の増殖を抑える薬です。病院で処方される薬ですので、効果はもちろんあります。ただし、使用するにあたって、副作用等の注意しなければいけない事項もありますので、ご購入をお考えの方はこのサイトを見て参考になさってください。

ニゾラールはどんな薬?

爪剥がれやグリーンネイルにはニゾラールが効果を発揮

最近はジェルネイルの流行もありおしゃれなネイルを楽しむ女性が増えていますが、ここで気をつけたいのはいわゆる爪水虫になってしまうということです。
ジェルネイルやスカルプチャを行っていると時には爪にトラブルが起きてしまいますが、特にグリーンネイルや爪剥がれは気をつけたい症状です。

グリーンネイルは緑膿菌の感染により爪が緑色に変色してしまう症状です。
グリーンネイルはつけ爪を繰り返し装着していたり、人工爪の浮き上がりを放置していることで起こりやすくなり、特に湿度の高い時期はこうした症状が起こりやすいので要注意です。

ネイルアートは女性のおしゃれにはとても役立ってくれるものですが、それを過剰に行いすぎると爪の傷みも進み雑菌も繁殖しやすくなります。爪剥がれなどの症状が強くなってしまった場合は一旦、ネイルアートはやめできるだけ爪まわりは清潔にし、乾燥させるよう心がけたいものです。

グリーンネイル、爪剥がれなどの症状は自然に改善することは難しいので、早く治すためには皮膚科の診察を受けましょう。

医療機関では症状に合った適切な治療を行ってくれますが、水虫にはニゾラールが良い効果を発揮してくれます。ニゾラールはニゾラールローションやニゾラールクリームなど様々なタイプがあい、それぞれの症状に合うものが処方されます。

ニゾラールは高い殺菌効果があり、真菌に効果を発揮してくれる薬で、水虫の治療以外では脂漏性皮膚炎の治療などにも利用されています。

効果はすぐに現れるのではありませんので、根気よくケアしていくことが大切です。
そして爪水虫の症状は塗り薬では良い改善が得られない場合もあり、こうした場合は飲み薬で対応していくことで改善できることもあります。