ニゾラールは真菌の増殖を抑える薬です。病院で処方される薬ですので、効果はもちろんあります。ただし、使用するにあたって、副作用等の注意しなければいけない事項もありますので、ご購入をお考えの方はこのサイトを見て参考になさってください。

ニゾラールはどんな薬?

脱脂綿を使ったニゾラールの利用法と水虫の民間治療

ニゾラールは一般名をケトコナゾールと言い、ニゾラールとは海外における商品名をそのまま日本名にしたものです。ニゾラールは真菌の細胞膜を構成しているエルゴステロールの生成を妨害して、症状を改善させる働きをし、水虫や皮膚カンジダ症などの他、脂漏性皮膚炎の治療に使用されます。ニゾラールは浸透性が高く、使用感が良いので、抗真菌薬として処方されます。クリームタイプとローションタイプがあります。ローションタイプは清浄な脱脂綿に含ませて塗布します。水虫は湿疹や皮剥けのある部位の周囲にも菌がいるので、ローションタイプを塗布する時はその周囲にも脱脂綿で塗り広げます。但しローションタイプは刺激が強いので、傷やただれがある場合は使用を控えます。ニゾラールは使い過ぎると副作用がおこりやすくなるので、1日の使用回数、使用期間などについては、医師の指示を正しく守るようにします。
民間治療とは「おばあちゃんの知恵袋」とも言われるように、古来から広く民間で伝承されて来た治療方法で、主に経験が基となって形作られています。十分な安全性や有効性が立証されている訳ではありませんが、「病は気から」のことわざ通り、これを信じる人は回復が早まる、という研究結果が報告されています。ニゾラールが処方される水虫に関する民間治療には足に湯を掛けて良く洗い、その後日光に当てて乾燥する、と言う方法が伝えられており、患部の清潔と乾燥は軽度な水虫には効果があると考えられています。足を酢につける、または清潔な綿に酢を含ませて患部を拭くという民間治療では、酢の成分酢酸によって足の皮膚が爛れる可能性があります。進行した水虫のように皮膚表面の下部に菌が侵入した症状では、民間治療は効果がありません。